[リストへもどる]
新着記事

タイトル120周年記念号自選3首について
記事No2737   [関連記事]
投稿日: 2018/02/18(Sun) 16:41
投稿者佐佐木頼綱
心の花の自選3首、みなさまご送付ありがとうございました。
本日、手書原稿、データー原稿共に印刷所へ入稿したのですが、詠草のリストを作成したところまだ300名ほどから詠草が届いておらず。

自選3首の原稿締切日を2月末日まで延長させていただきます。

郵送での詠草の送付方法は心の花1月号P11ページ
ネットでの詠草の送付方法は心の花1月号P108ページ
に記しております。
10年に1度の企画ですので是非詠草をご送付下さい。

また、歌会等で集まる機会がありましたら自選3首について話題にあげていただき、周知していただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

タイトル第44回佐佐木信綱祭短歌大会のお知らせ
記事No2734   [関連記事]
投稿日: 2018/02/11(Sun) 14:20
投稿者月丘ナイル   <nyle_222@yahoo.co.jp>
今年も熱海の起雲閣にて佐佐木信綱祭短歌大会が行われます。
みなさまふるってご参加ください。


日時:2018年6月9日(土)13:00〜16:30
場所:熱海「起雲閣」(静岡県熱海市昭和町4-2)

賞:佐佐木信綱大賞、他各賞

【選者】

一般の部/佐佐木幸綱、柴田典昭、谷岡亜紀
学生の部/佐佐木頼綱、佐佐木定綱

【講演】

「信綱 歌のことば」/経塚朋子、鈴木陽美(佐佐木信綱研究会)

【応募方法】

(1)一般の部
 自由題または題詠「熱海」(イメージで可)

 応募用紙、またはB4版の原稿用紙で応募してください。
 電話番号を必ずお書きください。
 自由題、題詠ともに一人何首でも応募できます。(未発表作品に限る)
 出詠料:1首につき1000円
 以下の郵便振替口座に振り込んでください。
 00230-8-136786 佐佐木信綱祭短歌大会実行委員会
 作品の送り先および問い合わせ先
 凌寒壮 〒413-0034 静岡県熱海市西山町12-18
     TEL:0557-81-4433(土日の10:00〜15:00のみ)

(2)学生の部
 自由題(未発表作品に限る)
 高校生以下出詠料無料
 凌寒壮へ「学生の部」と朱書きして郵送してください。

【締め切り】

2018年3月31日(土)必着

タイトル東京歌会よりご案内
記事No2733   [関連記事]
投稿日: 2018/02/11(Sun) 13:50
投稿者月丘ナイル   <nyle_222@yahoo.co.jp>
(1)今後の予定

【3月】

日時 3月10日(土)18:00〜20:40(受付17:30〜)
詠草受付期間 2月1日(木)〜2月25日 (日) 
題「緑」

例歌:
罪あるも罪なかりしも皆消えて残るは苔の緑なりけり/佐佐木信綱『思草』
沖は濃きみどりに明けて凪ぐころを波立ちにつつ抱き寄せるなり/佐佐木幸綱『火を運ぶ』
みどり児よここが我が住む多摩なるぞ天つ空星空山川もある/今泉進『冬の雷郎』

【4月】

日時 4月14日(土)18:00〜20:40(受付17:30〜)
詠草受付期間 3月1日(木)〜3月25日 (日)
自由題

【5月】

日時 5月12日(土)18:00〜20:40(受付17:30〜)
詠草受付期間  4月1日(月)〜4月25日 (水) 
題「変」

例歌:
幕あひや髪のかたちのかはれるにふと見忘れしうしろ影かな/佐佐木信綱『新月』
戦後の飢えはすなわち人の悲しき目変声期待つ吾を焼きにき/佐佐木幸綱『直立せよ一行の詩』
異変なき日日すこしずつ変異するこころといふを知れればおそる/伊藤一彦『火の橘』

★6月、7月、8月の東京歌会はお休みです。

ご予定の合う方は
6月9日(土)佐佐木信綱祭短歌大会(熱海「起雲閣」にて)
7月28・29日(土・日)心の花全国大会(東京「如水会館」にて)
にぜひご参加ください。


(2)東京歌会について

【場所】

中野サンプラザ内研修室

【参加費】

心の花会員 1000円(学生 500円)
見学者   初回無料(2回目以降は心の花会員と同様)
当日徴収いたします。

【詠草についての注意点】

・題詠では題の文字を使うこと。ただし平仮名にしてもよい。
 例 題詠「走る」の場合
   「競走、はしる、ハシル、ご馳走」は可。
   「駆ける、RUN」は不可。
 東京歌会では2014年9月からこのルールを適用しています。

・ルビの指定、詠草の読み仮名の指定がある場合はわかるように注記してください。

 例 ルビの場合
   「地震」に「ない」とルビ
 例 読みの指定の場合
   「昨日」は「きのう」と読む

【詠草の投稿について】

・郵送の場合

詠草集と投票用紙をお送りするため、「92円切手」を貼った「長形3号」の返信用封筒を同封してください。
宛名のご自分の名前には「様」を書き添えてください。
(詠草を送付する際の封筒のサイズは何でもかまいません。)
「心の花」原稿用紙を使用し、右上の「新カナ」「旧カナ」いずれかを〇で囲んで下さい。
題詠では題を併記してください。
ルビの指定、詠草の読み仮名の指定がある場合にはわかるように注記してください。

・メール投稿の場合

必ずパソコンのアカウント(詠草集のPDFファイルを受け取れるアカウント)から送信して下さい。
件名を「東京歌会○月詠草/名前」としてください。
本文に「詠草一首   名前」と、「新カナ」か「旧カナ」かを明記してください。
ルビの指定、詠草の読み仮名の指定がある場合にはわかるように注記してください。
詠草一覧はメールで返信いたしますのでプリントアウトして当日お持ちください。
投票用紙は当日配布いたします。

★詠草送付先★

関沢由紀子宛

<郵送の場合>
〒203-0052 東久留米市幸町2−2−4

<メールの場合>
h7d2k9sekkee@nifty.com

【投票方法について】

投票は2首選です。
当日17:30の開場とともに投票用紙の配布を行いますので18:00までに投票してください。
色紙の投票用紙を1枚、白い紙の投票用紙を1枚お受け取りください。
色紙で投票していただいた歌には必ず評・コメントをいただきます。
白い紙で投票していただいた歌についての評・コメントは任意です。
ただし、投票した方がお一人だった場合などは指名させて頂きますのでよろしくお願いいたします。

【当日の進行】

17:30 開場、投票受付開始
18:00 投票締め切り
18:00〜18:40 佐佐木幸綱先生(または選歌委員など)の講話
18:40 歌会開始(点数発表の後、高得点の歌から順に評を行う)
20:40 閉会


以上です。
何かありましたら東京歌会運営スタッフまでお声がけください。
どうぞよろしくお願いいたします。

タイトルRe: 如月忌(九条武子の命日)
記事No2730   [関連記事]
投稿日: 2018/01/31(Wed) 13:23
投稿者佐佐木頼綱
参照先http://buppu.hongwanji.or.jp/info/1712.html
築地本願寺和田堀廟所の如月忌案内の案内はこちらです。
https://goo.gl/3cNn96

タイトル如月忌(九条武子の命日)
記事No2729   [関連記事]
投稿日: 2018/01/31(Wed) 12:25
投稿者佐佐木頼綱
参照先http://buppu.hongwanji.or.jp/info/1712.html
2月7日は九条武子の命日「如月忌」なのですが、
本願寺の御影堂(京都市下京区)や築地本願寺和田堀廟所(杉並区永福)などでは毎年法要が行われており、誰でも参拝可能で、九条武子のついての法話も聴けるとのことです。

タイトル東京歌会2月〜4月のご案内
記事No2724   [関連記事]
投稿日: 2018/01/22(Mon) 22:19
投稿者高橋秀
                  2018年1月13日
2018年2月から4月の歌会は以下の通りになります。
基本的に中野サンプラザ研修室で実施、参加費は1,000円です(当日徴収)。
詠草を送る場合は「心の花」原稿用紙を使用し、原稿用紙右上に記されている「新カナ」「旧カナ」のいずれかを〇で囲んで下さい。インターネットで詠草を送られる方も同様に「新カナ」「旧カナ」の別を明記してください。また、題詠の月は「題」を、読みの指定がある場合は注記し(注:昨日は「きのう」と読む、など)、ルビとまぎれないようにしてください。よろしくお願いします。
また、題詠の際は、題の文字を使うこと。平仮名にしてもよい。たとえば「走る」ならば、「競走、はしる、ハシル、ご馳走」はOKですが、「駆ける、RUN」は不可です。2014年9月の歌会からこのルールを適用しています。


【2月】
日時    2月10日(土)18:00〜20:40(受付17:30〜)
詠草受付期間  1月1日(月)〜1月25日 (木)  ※この期間中に詠草をお送り下さい。
自由題


【3月】
日時    3月10日(土)18:00〜20:40(受付17:30〜)
詠草受付期間  2月1日(木)〜2月25日 (日)  ※この期間中に詠草をお送り下さい。
題「緑」
・罪あるも罪なかりしも皆消えて残るは苔の緑なりけり             佐佐木信綱『思草』
・沖は濃きみどりに明けて凪ぐころを波立ちにつつ抱き寄せるなり        佐佐木幸綱『火を運ぶ』
・みどり児よここが我が住む多摩なるぞ天つ空星空山川もある          今泉進『冬の雷郎』


【4月】
日時    4月14日(土)18:00〜20:40(受付17:30〜)
詠草受付期間  3月1日(木)〜3月25日 (日)  ※この期間中に詠草をお送り下さい。
自由題


★詠草送付先★
関沢由紀子宛
<郵送の場合>〒203-0052東久留米市幸町2−2−4 
92円切手を貼った返信用封筒を同封のこと。
返信用封筒は定形郵便の最大寸法である「長形3号」を使用し、宛名のご自分の名前に「様」を書き添えていただくようご協力をお願いいたします。なお、詠草を送付するときの封筒のサイズは何でもかまいません。

<メールの場合>※パソコンのアカウントから送信して下さい
h7d2k9sekkee@nifty.com
件名を「東京歌会○月詠草/名前」としてください。本文に詠草一首。
ルビは「地震(ない)」を「地震(ない)」のように表記してください。
*詠草一覧はメールで返信いたしますので、各自プリントアウトして、当日お持ちください。また、選歌用紙は当日お配りいたしますので、お受け取りの上、ご投票いただく形となります。

タイトル毎月の誌代〆切について 訂正
記事No2712   [関連記事]
投稿日: 2017/12/22(Fri) 22:45
投稿者奥山かほる
毎月の誌代納付の反映は「本部到着20日」をもって納付済としております。
また、12月のみ「13日以降に振り込まれた方は誌代切れになりますが・・」と訂正いたします。 
度々すみません。
よろしくお願い致します。 会計係 奥山かほる

タイトル毎月の誌代〆切について 訂正
記事No2711   [関連記事]
投稿日: 2017/12/22(Fri) 22:38
投稿者奥山かほる
毎月の誌代納付の反映は「本部到着20日」をもって納付済としております。
よろしくお願い致します。 会計係 奥山かほる

タイトル12月に誌代振込について
記事No2710   [関連記事]
投稿日: 2017/12/22(Fri) 22:33
投稿者奥山かほる
誌代は毎月20日振込をもって納付済の締め切りとしておりますが、12月に限り1月号を年内にお届けするため、締め切りを1週間ほど早めております。
20日以降にお振り込みされた方は「誌代切れ」と封筒に印字されてしまいますが、追って領収ハガキが届くのをお待ち下さるよ、お願い申し上げます。  会計係 奥山かほる

タイトル東京歌会1月〜3月のご案内
記事No2706   [関連記事]
投稿日: 2017/12/21(Thu) 22:05
投稿者高橋秀
お世話になっております。
2018年1月から2018年3月の歌会は以下の通りになります。
基本的に中野サンプラザ研修室で実施、参加費は1,000円です(当日徴収)。
詠草を送る場合は「心の花」原稿用紙を使用し、原稿用紙右上に記されている「新カナ」「旧カナ」のいずれかを〇で囲んで下さい。インターネットで詠草を送られる方も同様に「新カナ」「旧カナ」の別を明記してください。また、題詠の月は「題」を、読みの指定がある場合は注記し(注:昨日は「きのう」と読む、など)、ルビとまぎれないようにしてください。よろしくお願いします。
また、題詠の際は、題の文字を使うこと。平仮名にしてもよい。たとえば「走る」ならば、「競走、はしる、ハシル、ご馳走」はOKですが、「駆ける、RUN」は不可です。2014年9月の歌会からこのルールを適用しています。


【1月】
日時   1月13日(土)新年歌会14:30〜 懇親会17:30〜
参加費  新年歌会1,000円 懇親会8,200円
詠草受付期間  12月1日(金)〜12月15日 (金)  ※締切日が早くなっております。ご注意下さい。
題「坂」
・のぼり坂のペダル踏みつつ子は叫ぶ「まっすぐ?」、そうだ、どんどんのぼれ  佐佐木幸綱『金色の獅子』
・とろとろと月の滑坂(なめさか)登りきて夜更かしの雲照るに出会ひぬ     伊藤一彦『海号の歌』
・とりどりの帽子の人ら夕映えの坂上り来る誰も旅人              谷岡亜紀『風のファド』

【2月】
日時    2月10日(土)18:00〜20:40(受付17:30〜)
詠草受付期間  1月1日(月)〜1月25日 (木)  ※この期間中に詠草をお送り下さい。
自由題

【3月】
日時    3月10日(土)18:00〜20:40(受付17:30〜)
詠草受付期間  2月1日(木)〜2月25日 (日)  ※この期間中に詠草をお送り下さい。
題「緑」
・罪あるも罪なかりしも皆消えて残るは苔の緑なりけり             佐佐木信綱『思草』
・沖は濃きみどりに明けて凪ぐころを波立ちにつつ抱き寄せるなり        佐佐木幸綱『火を運ぶ』
・みどり児よここが我が住む多摩なるぞ天つ空星空山川もある          今泉進『冬の雷郎』

★詠草送付先★
関沢由紀子宛
<郵送の場合>〒203-0052東久留米市幸町2−2−4 
92円切手を貼った返信用封筒を同封のこと。
返信用封筒は定形郵便の最大寸法である「長形3号」を使用し、宛名のご自分の名前に「様」を書き添えていただくようご協力をお願いいたします。なお、詠草を送付するときの封筒のサイズは何でもかまいません。

<メールの場合>※パソコンのアカウントから送信して下さい
h7d2k9sekkee@nifty.com
件名を「東京歌会○月詠草/名前」としてください。本文に詠草一首。
ルビは「地震(ない)」を「地震(ない)」のように表記してください。
*詠草一覧はメールで返信いたしますので、各自プリントアウトして、当日お持ちください。また、選歌用紙は当日お配りいたしますので、お受け取りの上、ご投票いただく形となります。